酸化ストレス


生命維持に関わる酸素の一部は不安定で、さまざまな物質と反応しやすい活性酸素に変化し、細胞内の重要な生理機能(情報伝達・代謝調節・免疫など)に関わっています。一方で、活性酸素は細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化など、多くの疾患をもたらす原因にもなっています。

a.png

酸化ストレス関連試験一覧

コード 試験名 試験期間(目安)
a01 酸化ストレス 2ヶ月
a02 活性酸素測定 2ヶ月
a03 スーパーオキシドジスムターゼSOD測定 2ヶ月
a04 グルタチオンレダクターゼ 2ヶ月
a05 活性窒素測定 2ヶ月
a06 カタラーゼ測定 2ヶ月

ウィンドウを閉じる