コード番号:a01 / f04 / g08 / h05

    酸化ストレス試験

 体の中の機能が酸化によりさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下など様々な生活習慣病といわれる問題が起きてきます。体の中をさび付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。つまり、活性酸素を取り除き、生活習慣病の予防や老化を抑えることです。

 抗酸化物質は、水素原子移動や一電子移動メカニズムを介して、一般的にラジカルを中和します。本アッセイは、金属などの一電子移動で還元する抗酸化剤の能力を定量化します。

a01.png



ウィンドウを閉じる