コード番号:a05    活性窒素測定

 一酸化窒素(NO)は、血管系の疾病(平滑筋弛緩、動脈拡張)、糖尿病、免疫疾患、炎症性疾患、がん、神経への作用など生体内において重要な役割を示しています。NOは半減期が短いため、NOの最終酸化産物である亜硝酸塩(NO2-)と硝酸塩(NO3-)を合計することで算出されています。

 本アッセイでは、Griess法を用いて、NOの代謝物であるNO2- が Griess試薬と発生して生成するアゾ化合物の吸光度を測定します。

a05.png



ウィンドウを閉じる