コード番号:g02    チロシナーゼ阻害アッセイ

 肌におけるシミやソバカスの原因となるメラニン色素は、メラノサイト内のチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きによって作られます。チロシナーゼは紫外線を受けると活性化します。このチロシナーゼを阻害することでメラニンの定着を防止することができ、美白効果が得られることがわかっています。L-DOPAを基質としてチロシナーゼによるDOPAクロム産生量を測定します。



ウィンドウを閉じる