コード番号:h02    神経毒性(パーキンソン病)

 パーキンソン病は、1817年ジェームス・パーキンソンによって見出された2番目に高い頻度で発症すると言われている神経変性疾患です。65歳以上の1~2%に症状が現れ、85歳以上の約4 %にパーキンソン病が普及していると言われています。

 本アッセイでは、ヒト神経芽細胞腫であるSH-SY5Y細胞株を用いて、パーキンソン病を引き起こす神経毒である1-メチル-4-フェニルピリジウムイオン(MPP+)を処理し、神経細胞死から神経細胞を保護する機能性成分の探索または試料にその効果があるかどうかを調べます。



ウィンドウを閉じる