SPR測定装置 - 生体分子計測研究所

表面プラズモン共鳴測定装置 -生体物質の相互作用をリアルタイムに測定-

表面プラズモン共鳴(SPR*)測定は生体現象の解明のために生体分子間の 相互作用を迅速かつ多数同時に測定できる手法として期待されています。可搬性と高い実験自由度に加え、サンプル数が最大40chのマルチチャネル・高感度計測を可能としたのが Smart-SPR SS-1001です。最大5chのSmart-SPR SS-2001 もリリースされました。

* SPR: Surface Plasmon Resonance

 

■最大40チャネルタイプ■

 

■最大5チャネルタイプ■(新製品)

     

※製造元: NTTアドバンステクノロジ株式会社

※表面プラズモン共鳴装置の原理こちら

※装置の使用には周辺機器・消耗品が別途必要です。

 周辺機器: シリンジポンプ、リキッドスイッチ、シリンジ  

 消耗品: 計測チップ、PDMS流路、FEPチューブ、チューブコネクタ

※デモンストレーションや装置の貸出しも致します。仕様・価格・納期等、お気軽にご相談下さい。

 

装置本体と計測チップはカスタム対応可能です。ご相談ください。

◆計測チップ: 標準品および特注品の例◆ 


お問合せ先

株式会社 生体分子計測研究所(つくば本社)
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-17-1
TEL: 029-896-6500, FAX: 029-896-6501
メールでのお問合せはこちらから