遺伝子組換え食品検査(GMO検査)

バイオテクノロジーの発展に伴い、遺伝子組換え作物(GMO:Genetically Modified Organisms)の種類も増え、海外においては作付面積が年々増加しております。わが国では、2001年4月より、IPハンドリング(分別生産流通管理)に基づくGMO食品の表示が義務付けられましたが、近年、相次ぐ食品の様々な問題が続き、消費者の食品への不安は増大し、食品表示に対する関心が高まっております。このような状況の中で、IPハンドリングの証明書に頼るだけでは不安が残るのは事実です。

弊社では、公定試験法に準じた遺伝子組換え食品検査(GMO検査)サービスを行っております。この検査では、遺伝子組換え作物が含まれるかどうか、もし含まれるのであればどれくらい含まれるかを確認することができ、IPハンドリングの「意図せざる混入」の許容範囲(混入率5%以下)を科学的に検証できます。IPハンドリングによる管理と、定期的なGMO検査による科学的検証を併せて実施すれば、消費者の食品に対する不安、表示に対する不信感を解消することができます。このような検査は自社で行なうより、検査手順、品質管理、情報秘密保持など厳格な体制を整えている独立した第三者検査機関で行われることが、信頼性、信憑性、客観性に優れ、効果的であることはいうまでもありません。弊社では、ナノバイオ関連事業で培った高度なバイオテクノロジー技術を背景に、公正で確かなデータをご提供いたします。

【定性試験】

検出対象 検査料金(税込) 納期 






大豆 Roundup Ready (40-3-2)

22,000円

7営業日

Liberty Link (Event A2704-12)

22,000円

12営業日

Roundup Ready 2 Yield (Event MON89788)

22,000円

12営業日

トウモロコシ スクリーニング(*1) 

27,000円

7営業日

Event176

22,000円

7営業日

Bt11

22,000円

7営業日

T25

22,000円

7営業日

MON810

22,000円

7営業日

GA21

22,000円

7営業日

マルチプレックス
(NK603、Event176、T25、GA21、MON863、MON810、TC1507、Bt11) 

30,000円

7営業日

ジャガイモ スクリーニング (*2)

24,000円

7営業日

New Leaf

24,000円

7営業日

New Leaf Plus

24,000円

7営業日

New Leaf Y 

24,000円

7営業日

パパイヤ 55-1

40,000円

7営業日






トウモロコシ Bt10

24,000円

7営業日

CBH351

24,000円

7営業日

DAS59132

28,000円

7営業日

害虫抵抗性遺伝子組換えコメ(63Bt、NNBt、CpTI) 

40,000円

7営業日

パパイヤ PRSV-YK

40,000円

7営業日

亜麻 FP967

30,000円

7営業日

ナタネ RT73 B.rapa

40,000円

7営業日

(*1)35S promoter (P35S)とGA21を検出します。
   P-35Sは、Event176、Bt11、T25、NK603、MON863、TC1507、Mon810に共通の遺伝子です。
(*2)New Leaf、New Leaf Plus、New Leaf Yに共通の遺伝子を検出します。

【定量試験】

検出対象 検査料金(税込) 納期 






大豆 Roundup Ready (40-3-2)

38,000円

7営業日

Liberty Link (Event A2704-12)

38,000円

7営業日

Roundup Ready 2 Yield (Event MON89788)

38,000円

7営業日

トウモロコシ スクリーニング(*1)

42,000円

7営業日

Event176

38,000円

7営業日

Bt11

38,000円

7営業日

T25

38,000円

7営業日

MON810

38,000円

7営業日

GA21

38,000円

7営業日

(*1)35S promoter (P35S)とGA21を検出します。
   P-35Sは、Event176、Bt11、T25、NK603、MON863、TC1507、Mon810に共通の遺伝子です。

<試験法>
●農林水産省:JAS分析試験ハンドブック「遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル」
●消費者庁:「安全性審査済みの組換えDNA技術応用食品の検査方法」
●厚生労働省:「安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法」
●(社)日本食品衛生協会「公定試験法・標準試験法詳解食品衛生検査指針理化学編2005」

同じ検査区分で多検体のご依頼、1検体で多品種の検査をご依頼頂く場合は、割り引きします。

 

納期について

  • 納期は、検体到着から速報(FAX)をお知らせするまでの期間です。検体到着が、午前の場合は到着日から、午後の場合は翌日から起算します。報告書の原本は、速報後、郵送 いたします。原本受領をお急ぎの場合はご連絡下さい。
  • お急ぎの場合は、ご相談ください。可能な限り対応いたします。
  • 検体受付の状況によっては、ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。

ご依頼方法

  • 検査依頼書に必要事項を記入し、検体に添付して、下記住所宛にご送付ください。
  • 依頼書は、事前にFAXしてください。
遺伝子組換え食品検査依頼書 PDF WORD

注意事項

  1. 検体が穀粒の場合、1~2kgをご送付ください。その他の場合、市販製品の場合は1製品分、もしくは、200g程度をご送付ください。量が満たない場合は、検査ができないことがございますので、あらかじめご連絡ください。
  2. 検査依頼書に必要事項を記入し、検体に添付して、宅配便でお送りください。検査依頼書は、事前にFAXしてください。送付の際は、その商品に適した保存条件でご送付ください。(クール宅急便などをご利用ください)受領するまでの間に発生した腐敗・破損などにより、検体が検査不可能となった場合、その責任を負いかねます。なお、検体送付にかかる料金は、ご依頼者にてご負担願います。
  3. 送付された検体は検査終了後、一定期間保管した後に破棄させていただきます。(商品の賞味期限、或いは2週間)
  4. 検体からDNAを抽出し、遺伝子組換え作物に導入されたDNAを検出する為のプライマーを用いたPCRを行います。
  5. 定性試験の場合、遺伝子組換え作物由来のDNAを「検出した」「検出されなかった」として報告します。定量試験の場合、「遺伝子組換え作物の混入率」として、小数点第一位をもって、もしくは「検出限界以下」と報告します。加工食品については、DNAが低分子化されていた場合や、DNA抽出が困難な場合、検査が不可能なものがございます。なお、スタック品種が含まれる場合は、実際の混入率より高くなりますのでご注意ください。
  6. 検査結果は、供与された試料についての結果であり、当該試料の母集団を保証もしくは認証するものではございません。
  7. 弊社は、検査結果についてのみ責任を負い、検査結果の取り扱いおよび本結果から発生するトラブルや損害などの一切の問題について免責されるものと致します。
  8. 弊社は、ご依頼者から検査依頼があった事実および検査結果を、ご依頼者の同意なくしてご依頼者以外の第三者には漏洩いたしません。
    ご要望がございましたら、守秘契約書もご用意いたしますのでご連絡ください。
  9. その他、ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

お問い合わせ/検体送付先

株式会社 生体分子計測研究所 (広島研究所)
〒739-0046
広島県東広島市鏡山3-13-60 広島起業化センター(クリエイトコア)15号室
TEL:082-431-4521 FAX:082-431-4522 e-mail: shokuhin@ribm.co.jp

[ このページの先頭に戻る ]